借金返済しないで裁判を起こされて無視していたら大変なことになります

<スポンサーリンク>

借金の返済ができなくなると消費者金融から督促が来ます。この督促を無視し続けますと消費者金融に裁判が起こされてしまいます。

裁判を起こされますと裁判所からの呼び出しがくるのですが、それも無視していたら事態の悪化を招くだけでさらに借金問題を解決が難しくなってしまいます。

そこで借金のために裁判を起こされてしまった場合の取るべき方法について解説します。

裁判に訴えられたら

消費者金融などの金融機関は督促をしても借金の支払いが滞納し支払いする意思がないと判断すると、裁判所に訴えて合法的に債権を回収します。

裁判所に訴えられますと裁判所から訴状や添付書類、呼出状が特別送達の郵便で届きます。

訴状や添付書類には滞納した借金の金額に加え遅延損害金も加算されていますので、請求額の多さに驚くことは間違いないでしょう。

裁判所からの呼び出しは請求金額が140万円以下なら簡易裁判所、140万円を超えているなら地方裁判所からの呼出状が届きます。

裁判は反論しなければ相手側の主張が認められてしまう

それでは裁判となった場合どのように進められていくか解説します。

裁判所は訴えられた側である借主が反論しなければ、相手方である消費者金融の主張が認められたということになります。

つまり、裁判所から訴状が届いて答弁書に自分の反論(主張)を明らかにしなければ、すべて相手側の主張が通ってしまい支払い命令の判決が出るのです。

たとえ請求金額に異議がある場合でもそれを主張しなければ、相手方が請求した金額全てを支払う判決がなされてしまうということです。

支払いができないのであれば財産の強制執行がなされます。強制執行の対象となる財産は預貯金や保険、給料も差し押さえられることもあります。

給料は全額差し押さえられることはありませんが、生活に不自由を及ぼすことになることは間違いありません。

借金返済が出来なくて裁判起こされてしまったら放置するのではなく、指定の期日に出頭することが必要であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

裁判起こされても判決を受けずに済ますには

裁判所の判決が出るまで争うことは賢明ではありません。

判決が借金一括返済するよう命じられますと、 財産が差し押さえられてしまいます。

そのようなことにならないよう月々の支払額を減額して分割払いしてもうらうか、債務整理をすることをお勧めします。

和解交渉

借金の支払いが滞っているから裁判所に訴えたのですから、相手側の消費者金融は話し合いに応じてくれることは難しいです。

今まで月々の返済が出来なかったから一括返済を求める裁判をしているようなものですから、 分割払いを認めてくれる可能性は極めて少ないです。

このように自力で交渉することは困難ですので、この場合は弁護士に依頼して和解交渉を進めましょう。

依頼をすれば現在の借金額、資産状況に応じて最適な方法をアドバイスしてくれますので、まずは弁護士に相談することを初めてください。

債務整理

借金が払えない状況にあるのでしたら債務整理を検討してください。債務整理は自己破産や任意整理があります。どの手続きにおいても裁判が開始した後でも終了した後でも可能です。

債務整理の手続きの際に過払い金が見つかりますと過払い金請求が出来ますし、そこから返済に充てることもできます。

給料や財産などの強制執行は個人再生や自己破産手続きにより停止が可能となります。

最後に

借金返済が滞り放置しておきますと消費者金融などの金融機関が裁判所に訴えて債務を回収しようとします。

裁判所の訴状も放置し出頭もしなければ、財産や給料などが差し押さえられてしまいます。

借金返済ができなくなり裁判を起こされてしまった時は専門家である弁護士に速やかに相談してください。

むしろ相談することは裁判が起こされてしまってからでは遅いくらいです。

借金返済から逃げていたら裁判所に訴えることは間違いありません。そうなってしまったらさらに事態が深刻化して、解決までの時間がより掛かってしまいます。

無料相談を受け付けている弁護士法律事務所はネットはイエローページですぐに見つかりますので、今すぐ相談していただきたいと思います。

<スポンサーリンク>

自己破産

Posted by admin