借金が払えなくなって債務整理したいけど弁護士費用や裁判はどうすればいいのか?

<スポンサーリンク>

借金が支払えなくなったので債務整理したいのだけど、裁判になったり弁護士に依頼したりしたら費用がどれくらい掛かってしまうのか?

借金で首が回らないのに、どうやって費用を捻出すればいいのか不安だという方がいらっしゃるでしょう。

でも安心してください。債務整理をした大半の人たちが債務整理の費用を払うことができているのです。

決して寝る間を惜しんでバイトをしたり親からの援助に頼ったりということではありません。

弁護士費用が不安な人でも弁護士費用を払うことは問題なくできるのですが、なぜそれが可能なのかについて説明します。

弁護士費用を払える理由

債務整理を依頼した時点で債権者は債務者に借金の督促ができなくなり、返済する義務がなくなります。これで今まで月々返済していた金額を弁護士費用に回すことができます。

弁護士に依頼すれば債務整理の処理が終了するまでは返済義務が発生しませんので、それが弁護士費用を払える大きな理由となります。

分割・後払いに対応

債務整理を扱っている法律事務所は分割、後払いに対応していることがほとんどです。

債務整理を必要な人は金銭的に苦しいことはわかっていますし、そのような人たちを支援するためにあるのが債務整理ですから、弁護士も出来る限り債務整理ができるよう対応してくれます。

債務整理の相場

債務整理の費用の相場はあってないようなものです。大手法律事務所で債務整理の実績がありますと費用が高くなる傾向があります。

債務整理を弁護士に依頼するなら費用がどれくらいかかるかということはとても重要です。

ホームページに金額を明記している法律事務所がありますので、そこでの金額を参考にするだけでなく、相談する際には以上の借金額で、債務整理を行った場合費用はいくらかかるのか見積もりを出してもらいましょう。

債務整理が必要なに寄り添い対応する法律事務所でしたら金額を明確に出しますし、見積もりを出した金額以上の費用が掛かる場合についても詳しく説明してくれます。

法テラスを利用すれば費用は抑えられる

債務整理を弁護士に依頼すれば返済をしなくてもいいことがわかったけど、月々の返済も滞っていたぐらいだから弁護士費用を捻出することができないのでしたら、法テラスの民事法律扶助を利用しましょう。

民事法律扶助の制度を利用することで弁護士又は司法書士に費用を全額立て替えが可能となりますし、一般的な弁護士費用と比較しても大幅に安い費用になります。

ただし、民事法律扶助制度を利用するには現在の収入、財産など一定の基準が定められています。基準を満たすことができる場合に利用することができます。

債務整理が必要な方については、この基準がまず満たしているので、弁護士費用を捻出できない状況にあるのでしたら民事法律扶助を利用することを検討してください。

法テラスで民事法律扶助を利用する方法

法テラス直轄の事務所は各都道府県にあります。法テラスに連絡して常勤する弁護士に債務整理を依頼します。

この場合は弁護士を指定して選ぶことはできませんが、法テラスでは債務整理に精通した弁護士を選んでくれますのでその点は心配ありません。

法テラスに連絡した際に「債務整理をしたいのですが費用を捻出できません。法テラスの民事法律扶助制度を利用したいのですか、どのように手続きをすればいいですか」と質問すれば、丁寧に制度や手続きについて教えてくれます。

まずは相談することがスタートです

借金の問題は一人で悩んでいても解決することできませんし、何もしないまま放置しておけば借金の額が増えるだけで問題はさらに深刻化します。

債務整理に実績がある法律事務所の 弁護士が無料相談を行っています。先ほど紹介しました法テラスでも無料相談をすることができますので、借金問題を解決するために相談することがスタートとなりますので、早速利用していただきたいと思います。

<スポンサーリンク>

自己破産

Posted by admin