借金を放置して結婚したら幸せになれない

<スポンサーリンク>

借金を放置して結婚しても将来が明るいものになると思っているのでしたら、それは非常に甘い考えだと言わざるを得ません。

独身時代に消費者金融で借りた借金があるのでしたら結婚する前に解決しておくべきです。

借金していたことが知られてしまうのか?

貸金業者に登録されている消費者金融でしたら自宅まで取り立てに来ることがありませんし、自宅まで書類が郵送しないサービスもあります。

しかし、借金を滞納しますと自宅にも督促通知が来ますので、それによって借金していることが知られてしまう可能性があります。

また、ATMの明細からもわかってしまう場合があります。いずれにしても借金の額が多ければ、それを配偶者に黙っていたとしても、お金の流れが多いために、そこから知られてしまうケースが大半です。

配偶者に借金の返済義務はあるのか?

結婚後に作った借金は離婚時には共通財産となりますので、借金返済などの債務はどうするかは財産分与の対象となります。

しかし、配偶者の一方の借金はそれが結婚前であれば、財産分与の対象にはなりませんので、借金の返済義務はありません。

借金が原因で婚約破棄

借金していたことが原因で婚約破棄されるケースが多いのが現実です。

結婚式の準備が済んでいるなどの結婚間近に借金していたことが判明すれば、婚約破棄を求めた側から慰謝料が請求される可能性もあります。

結婚してからも返済しなければならない借金の額が大きいのでしたら、借金があることを早めに正直に告白すべきです。

債務整理

結婚前に借金を完済できるならばそうすべきですが、自力で返済が難しいのであれば債務整理を検討すべきでしょう。

債務整理をしてもそれは本人に関わるだけですので、配偶者がクレジットカードを作ったり新たなローンを組むことは可能です。

債務整理で自己破産や個人再生をすると官報に記載されますか、一般人に見られる機会はほとんどありませんので、配偶者にバレないよう債務整理の手続きを行うことは可能です。

それでも、借金していることを正直に話すことが、将来ためにも必要なことなのではないでしょうか。

結婚生活はこれから長く続きます。借金をしている事実よりも、借金していたことを話さなかったことが夫婦関係の信頼を破壊し、結婚生活をも崩壊させてしまう危険性があります。

それに借金を返済できなければ問題は解決しません。借金を返済するためには夫婦で協力が必要になるかもしれませんし、借金の問題は返済できなくなった時により解決が難しくなります。

最悪の事態を招かないようにしておくべきなのです。

借金問題解決のために最善の方法となる債務整理の手続きは弁護士に依頼するのが大半です。

専門家である弁護士でしたら、どの債務整理の方法が適切なのかアドバイスしてくれますし、スムーズに手続きが進みますので、あなたの借金問題も解決することがいち早くできるでしょう。

借金していることを話し合う

結婚前の借金なのだから配偶者に迷惑をかけられないし、借金していたことが分かってしまったら結婚できなくなってしまうのではと一人で悩みを大きくして相談できないまま放置してしまっていたら、さらに借金の額が増えるだけで何一つ問題が解決することはありません。

借金問題を解決することから逃げるのではなく、まずはこれから結婚するパートナーと向き合って話してみてはいかがでしょうか。

どのような結論となるか分かりませんが、借金問題を避けていては将来の結婚生活に幸せを訪れません。

借金問題解決のサポートをしてくれる弁護士がいます。無料相談を行っている弁護士法律事務所もありますので、まずは相談からはじめましょう。

借金の現状を把握することができますし、今何をすべきなのかも分かります。

借金問題を解決して結婚生活が明るい未来になることを心から願っております。

今あなたが行動することでバラ色の結婚生活が待っているのですから。

<スポンサーリンク>

自己破産

Posted by admin