自己破産した人でも借りれる消費者金融

自己破産したけれど、どうしてもお金を借りなければならないことが起きてしまうこともあるのではないでしょうか?

自己破産したことにより借金を返済する義務から逃れることが出来ますが、生きていくためにはお金が必要ですし、お金が必要な時に限って、お金がなくなっているものです。

しかし、そもそも自己破産した人が借りれる消費者金融やローンがあるのでしょうか?

自己破産するとブラックリストに載りますので一定期間ローンを組めないのが常識ですが、ブラックでも借りられる消費者金融は存在します。それも非合法の闇金ではなくてもです。

それでは自己破産した人でも借りれる消費者金融やローンについて解説します。

中小の消費者金融

自己破産していても少額の10万円位からならば借りられる消費者金融はあります。

ブラックリストに載ると10年間は情報が保存され、その間は消費者金融から借りれないと思ってるかもしれませんが、自己破産から1年以上経っていなくても貸してくれる消費者金融もあります。

テレビCMでも有名な大手消費者金融でしたら自己破産してから10年以内に借り入れすることは不可能ですが、中小の消費者金融だったら貸してくれるところがみつかりますし、審査も大手に比べて厳しくないので借りられる余地があります。

また、中小の消費者金融で融資が受けられるよう親身になって相談してくれるところもあります。お金が必要な現状を正直に話をして、借り入れ可能かどうかを相談することをお勧めします。

虚偽の申告をしない

消費者金融にお金の借りるために審査を受けるときには虚偽の申告を絶対にしてはいけません。

信用情報は大手であろうと中小の消費者金融に関係なく照会できますし、自己破産の経歴もわかってしまいます。

その他にも、他社から借り入れしている場合でも利用件数は過少申告しない、収入を多めに申告しないことです。

収入に関しては収入証明書などでわかってしまいますし、同じ期間に他社から多数の申し込みをしていると申し込みブラックとなって審査が通らなくなってしまいます。

自己破産して5年以上経っていることで信用ができることも

自己破産してからは何年も借り入れができないため借金がない状態になっています。

消費者金融としてみれば自己破産していても他社からの借り入れがないので、 優良顧客となる債務者となります。

消費者金融は優良顧客が欲しいですし、自己破産してから5年以上経過して他者からの借り入れがない場合は信用が生まれますので融資を受ける可能性がより高まるのです。

闇金から借りてはいけない

闇金はお金を貸して欲しい人には自己破産していようが、多重債務者であろうが、滞納していようが関係なくお金を貸します。

しかし、法外な金利を要求しますし、勝手に支払日を変更して利子を増やしたり、損害遅延金をより多く取ろうとします。

自己破産を経験したことがある方でしたら闇金を過去に利用した人が多いかもしれません。もしそうであるなら、なおさら同じ失敗を繰り返さないでください。

闇金から借りたお金を返すことはまず無理でしょうし、あらゆる手段を使って借金の返済を続けさせるのが闇金の恐ろしいところなのです。

最初は少額で信用を得る

自己破産をしていても中小の消費者金融なら10万円の少額からの借り入れは比較的ハードルが低いです。

さらに融資額を増やしたいのであれば返済可能な範囲で相談しながら増額を進めていきましょう。

返済実績が増えることによって信用が増しますし、それによっていう融資額の増加もしやすくなります。

計画的に返済できる範囲で借りることと返すことを繰り返すことで、さらに有利な条件で融資を受けられるようになります。

自己破産を過去にしているのでしたら、借金で過ちを繰り返さないよう再度警告しておきます。

決して借金で借金を返すような状況にまで追い込まないように気をつけてください。

自己破産

Posted by admin