自己破産したことによって家族にどんな影響を及んでしまうのか

自己破産をしたら家族にどのような影響を及ぼしてしまうのか心配だ、本当に自己申告をすべきなのだろうかと不安に思っている方がいらっしゃるでしょう。

自己破産しても、その後の生活をしていかなければならないですし、自己破産によって家族に苦労を負わせてしまわないか…

このような失敗をしている人のために親が自己破産したことによって家族にどのような影響があったかについて説明します。

父親が自己破産したら

父親が自己破産した場合、配偶者の母親の影響について検証します。自己破産しても、連帯保証人になっていない限り借金の支払い義務を負うことはありません。

借金の支払いは借りた本人にしか支払い義務がありません。たとえ配偶者であったとしても自己破産によって支払い義務が生じることがないのです。

母親名義の財産も同じで、母親名義の財産は母親本人のものですから、その財産が差し押さえられて返済に充てられるということありません。

自己破産はあくまで自己破産する本人の財産を清算する手続きですので、家族の財産だからといって自由に差し押さえられるものではないのです。

つぎに、父親が自己破産した場合における子どもへの影響について検証します。

母親名義の財産と同じく子供名義の財産も父親が自己破産したからという理由で差し押さえられることはありません。

子供が親から経済的独立し収入があり家庭を築いてる場合でも、連帯保証人なっていない限り支払い義務が生じることはありません。

自己破産による家族の生活への影響

父親の自己破産によって借金の支払い義務は生じませんが、生活への影響は避けることはできないでしょう。

自己破産すれば新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることができなくなります。また、時価20万円以上の財産、不動産の保有が認められなくなります。

自己破産によって借金返済義務の免除を認められますが、現在所有している財産を処分して出来る限り債務の残高を減らす義務があります。

持ち家がある場合は不動産は高額な価値がありますので処分しなければならなくなります。

売却し債権者の返済に充てられるのですが、持ち家に住み続けたいのであれば任意売却を選択し、家族や知人に正規の値段で買い取ってもらい、買い取った所有者に家賃を払い続けて住むという方法があります。

ただし、この場合は現金一括払いが必要になりますので、自己破産に必要な状況にある人は現金は残っていない状態ですから難しいでしょう。

住宅ローンも組むことができませんので、持ち家を持つことは厳しいですから、引っ越しは避けられないでしょう。

学校に通っている子供がいるのでしたら環境の変化は子供にとって大きなストレスになります。

家族の中で自己破産の影響を受けるのは子供なのかもしれません。

教育ローンも組めなくなりますので子供の教育の可能性を狭めてしまうかもしれません。
それでも、自己破産後も低収入が続いた場合は学費の免除などの支援制度が充実していますし、奨学金も自己破産を申請していない母親でしたら保証人になることができます。

自己破産によって子供が学校に通えなくなるということを避けることができる制度がありますので、お子さんのために活用していただければと思います。

自己破産してからの生活のために

自己破産によって家族への影響を避けることはできませんが、借金が支払えないところまで行ってしまえば、やはり自己破産が最善の方法となります。

自己破産の申し立ては本人でもできますか、スムーズに申し立てが認められるために法律知識がない本人が行うのは現実的ではありません。弁護士に依頼するのがベストな方法です。

費用が今なくても後払いや分割払いに対応している法律事務所が多いですので、無料相談を活用して費用についても相談するなどして、一刻も早く借金問題を解決してください。

自己破産

Posted by admin