自己破産の費用。お金がなくても自己破産の申し立てはできるのか?

自己破産しか借金問題を解決することができなくなったけど、借金を返済できないくらいなのだから、お金がないので自己破産するために必要な費用が払えないかもしれない…

そのような状況にある人のために自己破産の費用について解説します。

自己破産は弁護士に依頼するのが一般的

自己破産は本人でも申し立てができます。しかし、法律知識が必要になりますし本人が自己破産の申し立てを行うのは難しいです。

費用は掛かりますが、自己破産を申し立てをする多くのケースで弁護士に依頼しているのが現状です。

自己破産費用は依頼した法律事務所により異なりますが同時廃止は約25万円、管財事件は約35万円、法人破産は約65万円が一般的な相場となっています。

自己破産するための費用が払えなかったらどうする?

自己破産は借金を返済することができなくて、自己破産しなければならないくらいまで追いつめられているのだから、弁護士に支払うお金も残っていないのが現実ではないでしょうか。

そのため本人以外の家族に自己破産の費用を援助してもらって手続きしているのが現状です。

援助してくれる家族があればいいのですが、家族もお金がなかったり、どうしても援助を頼めない場合はどうすればいいのかにについて説明していきます。

分割払い・後払いも可能

自己破産の申し立てで着手金なし報酬は分割払い、後払いに対応している法律事務所が増えています。

法律事務所の多くが無料相談を行っているので自己破産で必要な費用についても相談にも応じます。借金の現状をきちんと話して費用についても事前に聞いておきましょう。

分割払いや後払いだと後になって請求額を増えるのではないかと不安になるかもしれませんが、そのようなことは絶対ありません。

法律事務所は自己破産が必要なほどお金に困っていることはわかっていますし、お金がない人でも出来る限り自己破産できるよう対応してくれます。

ただし、自己破産の費用が払えない人は門前払いする法律事務所もありますので、見極めるためにも事前に相談するのが重要となります。

自己破産の費用を払えないなら法テラスに相談

政府が設立した総務省所管の公的法人の法テラスでは法律に関する支援を行っており全国の都道府県に事務所があります。

自己破産の費用を払えない状態であったり、失業中などの事情がある人は、法テラスの弁護士費用立替制度を利用できます。

また失業中で生活保護を受給しているのなら法テラスに立て替えてもらい自己破産の費用が無料となります。

自己破産費用のために借金をしてはいけない

自己破産費用を工面するために借金をすることはしてはいけません。

自己破産するために借金をするということは最初から返済の意志が無いと言うことになります。返済する意思がない借金をすることは詐欺に該当しますので犯罪となります。

どうしても自己破産費用が都合がつかないのでしたら、分割払いや後払いに対応した法律事務所に相談するか、法テラスに相談してください。

自己破産を依頼する法律事務所を選ぶには

法律事務所は一般的に初回相談のみ無料というところが多いです。しかし、自己破産はその場で決断できるものでもありません。

借金の情報を整理する時間も掛かりますので相談は数回にわたり必要になることが多いです。

最初の無料相談で今後の相談は無料か有料かの確認を取っておきましょう。自己破産の実績が多い法律事務所でしたら、自己破産が必要な人の状況を把握していますし、相談が必要であることも分かっています。

そのような法律事務所の弁護士に依頼すればスムーズに自己破産の手続きが進みますし、借金返済義務が免除され人生をやり直すことができます。

自己破産は自己破産が必要な人の気持ちに寄り添って相談してくれる法律事務所を選んでください。

いきなり弁護士に相談するのは心配でしたら、匿名で相談できるネットのサービスがあります。

無料で利用できますのでの借金問題解決のためのはじめの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

自己破産

Posted by admin