自己破産した人との結婚で後悔しないために

結婚した人が自己破産していたことが後になって判明したり、カミングアウトしてきたりしたら間違いなく言葉をなくすくらい驚いてしまうでしょう。

自己破産と言ったら借金を返済できなくなり、その借金を免除された人ということは分かるでしょう。

これから生活していくなかで配偶者が自己破産した人であった場合どんな制限が受けることがあるのでしょうか?

そこで自己破産によって受ける制限について説明します。

自己破産したことは家族にバレてしまうことはあるのか?

そもそも自己破産したことは家族にバレてしまうのでしょうか?

自己破産は本人に対して行われることになりますの家族の関与がなくても手続きを行うことが出来ます。

ただし、裁判所からの送達文書は自宅へ届きます。送達文書が届いた時に本人が不在で家族が受け取った場合は自己破産を申請しがバレてしまいます。

ただし、自己破産を本人申し立てではなく弁護人に依頼する場合は文章の送付先は弁護士の住所となります。

自己破産が認められますと官報に掲載されますが、官報を一般の人が見ることはほとんどありえないので、そこからバレる心配はないでしょう。

そして、結婚前に自己破産申請が行われていないのでしたら、配偶者は知る由もないことになります。

自己破産により制限されること

自己破産したことはバレずにしようと思っても自己破産したことにより制限されることがありますので、それによって自己破産がわかってしまうケースが多いです。

自己破産しますと信用情報機関に情報が登録されます。これがいわゆるブラックリストです。

情報が登録されている期間は約10年になります。信用機関の情報は住宅ローンや自動車ローンに申し込んだローン会社が情報を照会します。

自己破産していますと新たに借り入れすることはまず不可能です。それも10年はローンを新たに組むことはできなくなります。

結婚して住宅の購入のためにローンを組もうとしても借りることが出来ませんし、それが原因で夫婦関係に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

ローンを組むことができませんのでクレジットカードも新たに作ることができなくなります。

結婚して名前が変わったちしても自己破産後の10年以内にカードを作ることはできません。

クレジットカードもローンと同様に信用情報が照会されますので、結婚で名前が変わっていたとしても自己破産のしていたことが判明します。

自己破産は子供に影響するのか

自分の子供に対する影響ですが自己破産によって直接影響を受けることはありません。

子供のクレジットカードをつくるときは、子供の信用情報と親の陳情情報は別のものであるため、親が自己破産したからといって審査に影響を受けることはありません。

奨学金を受けるために保証人が必要となる場合は自己破産を受けた親は保証人になることをができません。

しかし、自己破産を受けていない親なら保証人になることが可能ですし、自己破産した信用情報は10年程度で消えます。

自己破産して10年以上経過した場合は保証人なることができますし、新たにローンを組むことができますので奨学金を受け取ることができます。

まとめ

自己破産しますと数多くの制約が生じます。 それによって夫婦関係が破綻することがないよう、結婚前に自己破産したことを教えておくべきだと思います。

信用情報は約10年経てば消えますし、新たにローンを組むことだって可能になります。

自己破産した人と結婚することに不安を感じのも無理ありませんが、これから続く結婚生活で乗り越えていくことだって、ふたりの愛があればできるはずです。

自己破産した人にお金にだらしないイメージがありますか、自己破産したことで心を入れ替えをして変わった人もたくさんいます。

結婚しようと決意した相手のことでしたら、 真実の姿がわかるでしょう。

結婚を決めることは慎重にすべきですが、自己破産しているという理由だけで結婚を辞めることは考えものです。これからの事をきちんと話し合って決断してください。

自己破産

Posted by admin