自己破産した「その後」はどうなる?自己破産のメリットとデメリット

<スポンサーリンク>

自己破産した人のその後はどうなってしまうのか考えたことはありますか?

借金を返済することができなったときに最後の救いとなるのが自己破産です。

自己破産をしたら借金がすべて帳消しになるというイメージを持っている人がおおいですが、実際に借金を返さなくてもよくなるのか、自己破産することによってデメリットがないのか事前に知っておく必要があります。

特に借金が返済できなくなって今まさに自己破産をするか検討しているのなら、なおさらです。

それでは自己破産のメリット、デメリット、さらに自己破産したその後について説明増す。

借金の支払いが免責される

自己破産を申し立てで免責許可の決定が出ますと借金の支払い義務はなくなります。ただしすべての借金の返済が免責されない場合もあります。

自己破産をしても、滞納している住民税や年金等の支払い義務は免除されません。

ただし生活保護の受給を受けている受給者は税金の支払い義務が停止されます。

また刑罰が下りて科料や罰金などの支払いも自己破産によっても免除されません。なお自己破産して税金などが滞納してる場合は、支払える範囲で支払いが継続することになります。

他にも養育費が支払う義務が免除されることはありません。離婚して養育費を払うことになっていたのでしたら、子供の生活ために養育費は必要ですので、支払いを続けなければなりません。

自己破産の申請で虚偽報告をした債務

自己破産の申請において債権者の情報を提出する義務があります。その際、故意に情報を提供しなかった債務がある場合は、その債務について返済義務が続きます。

自己破産の申請の際に虚偽の申告するメリットはありませんので、正しく申告するようにしましょう。

返済免除されるはずだった債務も自己破産後も払い続けなければなくなります。

返済の免責以外のメリット

自己破産には借金返済が免責される以外にもメリットがあります。

借金の返済不能になりますと債権者が債務者の財産や給料の差し押さえなど強制執行を請求することがあります。

自己破産が決定されますと債権者は強制執行の請求ができません。強制執行の請求ができなくなった債権者は破産手続きを通じて債権回収を行わなければならなくなります。

税金が滞納していた場合は国税局による徴収もできなくなりますが、税金の返済義務は免責されることなく続きます。

すべての財産を失わない

自己破産することによって借金の返済義務が免責されたとしても全ての財産を失ってしまうということはありません。 自己破産をしても今後生活しなければいけませんから、衣食住など最低限の生活を送るために必要な財産を残すことができます。

自己破産のデメリット

自己破産すれば借金が帳消しになるからメリットばかりだと思うかもしれませんが、 メリットばかりでなくデメリットもあります。

最低限の生活を送るために必要な財産は残すことができますが、東京都などでは99万円を超える現金、時価20万円以上の財産、不動産などが処分の対象となります。

自己破産の手続きが始まりますと財産などの調査を行うために裁判所の許可がなければ移動が制限されます。

引っ越しが自由にできなくなりますし長期間にわたる旅行をする場合は事前に許可を受ける必要があります。

短期出張などでしたら裁判の許可がなくても可能ですが、 移動の自由度が大幅に狭められてしまいます。

自己破産をしても再度自己破産することは原則7年間の期間を経過しなければできません。

自己破産を複数にわたり申請することは裁判官の心証が悪くなるため、自己破産の審査がさらぬ厳格となり、 自己破産の決定が下されない可能性が高くなります。

自己破産しますと金融事故情報に登録されます。これがいわゆるブロックリストです。

自己破産すると新たな借り入れはできなくなりクレジットカードを新たに作ったり、カードローンキャッシュローンも使えなくなります。

ブラックリストの情報は自己破産手続きが完了してもすぐには削除されることはありませんので、約10年間はクレジットカードは作れないと思っていてください。

自己破産したその後

自己破産すると20万円以上の価値があると鑑定された財産は処分しなければなりません。それは現在住んでいる土地と家屋の不動産であったとしてもです。

自己破産が認められますと借金返済義務がなくなりますから家族に取り立てや強制執行が及ぶことはありません。

ただし家族は連帯保証人になっている場合は、債権者は自己破産した債務者の連帯保証人に借金の返済を請求します。

家族の連帯保証人としているのであれば、債務者本人だけが免責されても、家族に借金が移りますので、自己破産の申請は慎重に行わなければなりません。

生活保護は受けられるのか

自己破産したことにより財産を失ってしまい生活できなくなってしまうことがあるでしょう。

そのような場合に自己破産していても生活保護の受給は受けられます。ただし最低限の生活をするための収入がなく仕事ができないなどの証明が必要になります。

生活保護の不正受給が社会問題となっていますので、自己破産して財産がないからといって受給が簡単に認められるということではないことを覚えておいてください。

最後に

自己破産は借金を返済できなくなった人に返済義務を免責して再スタートするチャンスを与えてくれます。

しかしデメリットがあることも承知した上で自己破産をするか慎重に判断していただきたいと思います。

<スポンサーリンク>

Posted by admin